漂白剤を飲まされて…: 殺菌用の漂白液、誤って提供か ミスタードーナツ

ミスタードーナツで、手違いで客が漂白剤を飲まされるという事故がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130323-00000047-asahi-soci

大阪府豊中市にあるミスタードーナツの豊中駅前ショップで、店員から出された水を飲んだ客が体調不良を訴えた問題で、運営会社のダスキン(同府吹田市)は23日、殺菌用に水で薄めた塩素系の漂白液を、誤って飲料水として提供した可能性が高いと発表した。

この日までに病院で受診した客は5人となり、豊中市保健所は店側から事情を聴いた。5人はいずれも軽症という。

ダスキンによると、アルバイト従業員が21日の閉店後、プラスチック製ポット(1・8リットル)を殺菌するため、水で薄めた漂白液をポットに入れて帰宅。翌22日の開店後、別の従業員が中身を飲料水と勘違いし、客に提供した疑いがあるという。

この店では、ポットの殺菌は流し台にためた漂白液につけ、その後洗い流すルールだった。ダスキン広報室は「漂白剤による殺菌は途中で放置せず、同じ担当者が責任を持って最後までするなど再発防止策をとる」としている。

朝日新聞デジタル:殺菌用の漂白液、誤って提供か ミスタードーナツ – 社会

手違いとはいえ、漂白剤を飲まされた客はたまったものではありません。体調不良程度で済んでよかったですね。

事故だとは思いますが、一歩間違えば事件になりえます。危ないですね。

そういえば、以前も洗浄剤の残りが飲み物に混入したという事故もありました。衛生を保つための洗浄剤は、実は食品に混入してはならないものということです。これが同時に同じ場所で使われるという状況です。こういう事故は、頻繁に起こり得ることですね。

まあ、漂白剤を飲まされた客は大変でしょう。

不謹慎極まりありませんが、この店は客の胃を洗浄しようとでもしたのでしょうか?

「最近はピロリ菌の除菌が話題になっています。胃の洗浄は重要です。」

店に、そう開き直ってしまわれたら困りますね。さすがにそんなことは言わないとは思いますが、そもそもダスキンが経営しているので、そう思われても仕方ないかも知れません。

「胃のお掃除もいたします」 by ダスキン

お掃除するのは、家と食器類だけにしてほしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*