疑惑が深まります: 森口氏、山中氏の論文盗用か…英科学誌指摘

iPS細胞の初の臨床応用に疑義がかかっている森口氏ですが、論文の盗用疑惑が出てきました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121013-00001341-yom-soci

スポンサーリンク

英科学誌ネイチャーは12日、森口氏が、今年のノーベル生理学・医学賞に決まった山中伸弥・京都大教授(50)らの論文を盗用した疑いがあるとする記事を、同誌ウェブサイトに掲載した。

盗用の疑いがあるとしたのは、2011年に電子出版された再生医療に関する専門書の中で、森口氏ら複数の研究者が共同執筆したiPS細胞作製に関する部分。

森口氏、山中氏の論文盗用か…英科学誌指摘 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

やはり怪しいですね。色々とボロが出てきています。疑惑は深まります。

しかし、今になって突然論文盗用疑惑が出てくるのも問題だと思います。今は論文の内容も電子化されているので、盗用なのかどうかなど、問題の論文が投稿された時点で、既存論文のデーターベースを検索すれば分かりそうなものですか…。 科学雑誌側にも問題がありますね。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*