食べ物ではありません: <バンダイ>永久になくならない枝豆 「プチプチ」に続く「∞エダマメ」26日発売

ムゲンプチプチ」をご存知でしょうか? 緩衝材のエアキャップ(プチプチ)をずっと続けられるおもちゃで、結構人気となったそうです。キャラクターボイスが出る商品も登場しました。

これに気を良くしたのか、メーカーは、「ムゲンプチプチ」を応用した、「∞(ムゲン)エダマメ」なる商品を発売するようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000011-maiall-ent

スポンサーリンク

累計200万個を販売したキーチェーン型玩具「∞(むげん)プチプチ」に続く「∞シリーズ」の第2弾としてバンダイが、枝豆を題材にした「∞エダマメ」を26日に発売することが明らかになった。630円。

「∞エダマメ」は樹脂で作られたさやに3つの豆が入っており、さやをつまむと豆が押し出され、指を離すと元に戻る仕組み。真ん中の豆には「泣きマメ」や「おじいさんマメ」など異なる12種類の顔が描かれ、100個に1個の割合で顔ではないデザインが描かれた「シークレット」もあるという。9月までに 100万個の販売を目標にしている。

これは食べ物ではありません(当たり前ですが)。酒の席に持ち込むと、間違って食べようとする人も現れるのではと心配しています。

しかし「枝豆」とは、思いつきませんでしたね。すごいな。

一方、こんなことも…

開発を手がけたプレイトイ事業部コミュニケーショントイチームの高橋晋平さんは、「枝豆をついついたくさん食べ過ぎてしまうのは、さやから豆をつまみ出す感覚が楽しいからではないかと考えた」と開発の理由を説明している。【立山夏行】

なんと、あの押し出す感触が食べすぎの原因なのですか? 本当の所は分かりませんが、あたらずとも遠からずという気がします。

とすれば、この「∞エダマメ」を酒の席に持ち込めば、食べすぎ飲みすぎが抑えられ、ダイエット(=食餌療法)にもなるのでは無いでしょうか。そうすればメタボリックシンドロームの対策にも繋がります。

以外な所で、健康に役立つかも知れませんね。

でも、開発者の目論見通りに、枝豆の食べすぎが是正されてしまうと、居酒屋には都合が悪いかも知れません。「∞エダマメ」持ち込み禁止の飲み屋が現れたりして(笑)。

追記: GIGAZINEにも記事が載っていました。

エダマメの良さが分かる年齢ということなのか、対象年齢は15歳以上となっています。無限に枝豆を食べられたら最高なのですが、さすがにそれは無理なようなので、小さい子どもがいる場合には食べてしまわないように気をつける必要がありそうです。

GIGAZINE – 今度はエダマメ、∞プチプチに続いてシリーズ第2弾が登場

と、私と同様に誤飲の心配をしていました。

ムゲンエダマメ
ムゲンエダマメ

  • ASIN: B00171JH6O
  • [おもちゃ&ホビー]
  • 価格: ¥ 630
  • バンダイ
Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*