「∞(ムゲン)プチプチ」が流行りそうです。

皆さんは、いわゆるプチプチをご存知だと思います。あれを手に取ると、ついプチプチ潰してしまう人が大勢います。潰す時に「プチッ」と音がする、或いはそういうイメージがあるので、巷では「プチプチ」と呼ばれているのでしょう。

ところで、「プチプチ」の本来の用途は何だか知っていますか? 大人の人はご存知かも知れませんし、仕事で「プチプチ」を使用している人も多いかも知れません。

スポンサーリンク

プチプチ」の本来の(?)用途(?)は、緩衝材です。つまり、商品等の荷物を、箱などに詰める際に箱との間に詰めたり、直接荷物に巻きつけたりして、輸送時の衝撃を和らげることにより荷物の破損を防ぐものです。一般的な名称は「気泡緩衝材」と言うようです。私は職場で、「エアキャップ」(実は商品名らしい)と呼んでいました。

大抵、気泡緩衝材は、荷物が目的地に着いたら用済みになってしまいます。大抵はゴミ箱に直行するのでしょう。そんな気泡緩衝材を、つい「プチプチ」とやってしまう訳です。ですが、この気泡緩衝材は、再利用は可能です。「プチプチ」しなければもう一度使えると思います。一般家庭ではそんなに使う機会はないと思いますので、「プチプチ」した後ゴミ箱に棄てられる運命にあるのですが(ちゃんと分別しましょう)。

逆に考えると、一般家庭では、そんなに気泡緩衝材が家にある訳ではありません。頻繁に大きな買い物をするのであれば、そこそこ気泡緩衝材が入手できるかも知れませんが、大抵はめったにお目にかかれないのでは?

かといって、「プチプチ」したいがために、わざわざホームセンターに気泡緩衝材を買いに行くのはお金が勿体無いですね。環境にも優しくありません。

そんな要求に答えたのかどうかは分かりませんが、無限に「プチプチ」できる、「ムゲンプチプチ」という商品が発売されました。これは、何度でも「プチプチ」できるように工夫されたおもちゃです。

実は、出典不明ですが、以外にもこの「ムゲンプチプチ」、売れ行きは好調だそうです。やはり、全国に「プチプチ」依存症の方が多くいらっしゃるのですね。値段はそんなに安くも高くもないといった感じでしょう。いつも「プチプチ」したい人にはもってこいのおもちゃだと思います。買い足す必要もありませんし、ゴミも出ないので、環境にも優しいと思います。

ムゲンプチプチ ホワイト

ムゲンプチプチ ホワイト
ムゲンプチプチ ホワイト

  • ASIN: B000SKIJ50
  • [おもちゃ&ホビー]
  • 価格: ¥ 819
  • バンダイ
Amazon.co.jp で詳細を見る

ところでプチプチ緩衝材としてではなく、断熱材としても利用可能です。軽くて断熱性に優れるので、学生の頃、実験室で仮眠を取るときに、実験装置の梱包に使われていた気泡緩衝材をふとん代わりに使っていたことがあります。冬は以外に寝心地は良いです。夏は蒸れてしまいますが。

実は、断熱材専用の気泡断熱材があります。たまにホームセンターで見かけますが、窓ガラスに貼って、エアコンの効きをよくすることができます。また、冬場の結露予防にもなります。

でも、せっかくの断熱材を「プチプチ」されてしまったのでは台無しです。そういうことがないように、「ムゲンプチプチ」があった方が良いですね。

実は、私は「プチプチ遊び」が嫌いです。潰しても潰してもいつまで経っても終わらないので、だんだんイライラしてくるのです。人がやっているのを見るだけでもイライラが募ります。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*