カロリーゼロのコーラ

カロリーゼロを謳ったコーラが各社から相次いで発売されている模様です。

「カロリーゼロ」激戦 コーラで日本コカとサントリー(朝日新聞) – goo ニュース

ダイエット実践中の方にとっては、良いニュースではないでしょうか?

スポンサーリンク

個人的な話をします。

昔は良くコーラを飲んでいました。コーラに限らず色々な清涼飲料水を口にしていました。酷い時は、かなりの量のお菓子を口にし、コーラでそれを胃袋へ流し込むような状況だったこともあります。その結果、「炭水化物ダイエット」の冒頭で説明した通り、体重120kgで完全に「死の四重奏」状態になってしまいました。それで、炭水化物ダイエットを行うことになったのです。

個人的には、カロリーゼロのコーラがあれば、非常に良いと思います。ですが、心配なのは、代替甘味料です。カロリーゼロを実現するために、砂糖等の代わりに代替甘味を使用しています。勿論、甘味料以外の部分でも成分に違い(差)があるかも知れません。代替甘味料(合成甘味料)には幾つか種類がありますが、一部の甘味料には発癌性の疑いを持っている研究者が存在するようです(注:一般論として受け入れられている訳ではありません)。できれば自然のものを口にしたいです。

最近は全くと言っていいほどコーラを飲まなくなりました。カロリーゼロのコーラが発売されたとして、またコーラを飲むようになるかどうかは分かりません。もともと、コーラの糖分による中毒により、コーラをひたすら飲み続けていたような気もしますので。カロリーゼロであれば、中毒症状もないでしょうから。

しかし、「ノンカロリー」「カロリーゼロ」何が違うのか、またまた議論になるのではないでしょうか?(「ノンカロリー」「カロリーゼロ」の表示ができるための基準は設けられていますが。)

(安全性はクリアしたとして)一般的に普及するといいですね。レギュラータイプを駆逐してもらいたいものです。

念のため申し添えておきますが、私が問題としているのは、糖分(炭水化物)であって、カロリーではないのです。カロリーが0であれば結果的には糖分も0である筈なので、喜んでいる次第です。

サントリー ペプシネックス500ml×24本
サントリー ペプシネックス500ml×24本

  • ASIN: B0015PUNN8
  • [ヘルスケア&ケア用品]
  • サントリー
Amazon.co.jp で詳細を見る

追記: 実物を入手しました。どちらの製品も、成分表には、100gあたり、熱量0kcal、炭水化物0g、脂質0g、たんぱく質0gと表示されていました。

肝心の味なのですが、レギュラーコーラを飲んでいたのは5年以上前なので、味を忘れてしまいました。と、いうのは冗談で(殆んど飲んでいないのは事実)、やっぱり差はあると思います。ライトタイプのコーラはちょっと薬っぽい後味があったのですが、新製品もほんの僅かその味が残っています。というよりも、レギュラーコーラの糖分の独特の味がないと言った方が正しいと思います。ただ、ABXテストをすると違いが分からないかも…(自信なし←それだけ出来が良いのです)

いずれにせよ、私は、もう、コーラを飲む習慣がなくなったので(「禁煙」ならぬ「禁コーラ」をしていた訳で…)、あまり関係ないです。「たまには飲もうかな」といった程度になるでしょう。合成甘味料のことも気になりますし…

合成甘味料

カロリー0のコーラが何故実現できるのか? それは、上述の通り合成甘味料が存在するからです。古くから「サッカリン」が知られています(若干の発癌性が指摘され、使用を禁止している国が多いです)。最近多く使われるのが、アスパルテーム(商品名:パルスィート)
です。発見したのはアメリカの会社ですが、味の素はアスパルテームの製法特許を取得しています。このアスパルテームは砂糖の200倍の甘味があるそうです(パルスィートについては、使用しやすくするために、エリスリトール(砂糖の75%の甘味を持つ甘味料)と混合して甘味を3倍にまで落としています)。が、発癌性フェニルケトン尿症などが指摘され、既に各国で認可されているにも拘らず今だ論争が絶えないないようです。

なお、カロリーゼロのコーラには、甘味料として、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロースが使用されれいるようです。(合成)甘味料をうまく組み合わせることにより、レギュラーコーラと同等の味を実現しているものと思われます。多分この比率がミソなのでしょう。当然表立っては公表されていないと思われます。それなりの設備がある所で分析すれは分かるのでしょうが…。

参考までに、アスパルテームに関するサイトへリンク張っておきます。「飲む」「飲まない」の判断は、下記サイトを見てからでも遅くないと思います。それぞれの意見をじっくり吟味してみてください。パルスィートは普通のスーパーマーケットで簡単に入手できる程ありふれたものであることも認識下さい。

また、アスパルテーム以外にも色々な代替甘味料が開発されています。

追記(12/11/06): もはや、ただのカロリーゼロは新しい商品とは言えなくなっています。トクホのコーラが発売されるようになりました。

関連記事

姉妹サイト

参考リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*