Windows8や10のために、いくつかPCを自作しました。

MicrosoftのWindowsXP Pro(とLinux)がインストールされたPC(Dual Pentium!!!-S 1.4GHz)を長らく使用していましたが、2014年4月に、WindowsXPのセキュリティー面でのサポートも終了してしまいました。

また、その前年にWindows8が発売され、2015年7月にはWindows10が公開されました。

私は2013年末にWindowsXPのPCの使用を止め、Windows8 Proに乗り換えました。Windows8用に、新しいPCを自作しました。さすがにサポートの切れたOSを使い続けるのはちょっと…

それと、最近のPCは、ローエンドモデルでもFull HDの動画を余裕で再生可能になっているということもあります。

ついでに、そのPCを録画PCにしました。

今年(2015年)に入ってから、立て続けに3台のPCを自作しました。そのうち2台はWindows10 Proをインストールしています。

これらを紹介しえいこうかなと思います。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

この2台を買えば、フルハイビジョンでブルーレイを楽しめます!!

昨年あたりから、テレビ内蔵のHDDやPC(パソコン)でアニメ等のテレビ番組を録画するようになりました。また、テレビにはブルーレイドライブが搭載されており、ブルーレイディスクへ録画した番組をコピー(或いはムーブ)したり、パッケージのブルーレイディスクを再生視聴することができます。

しかし、ブルーレイ内蔵のテレビは実家にあり、自宅ではPCにブルーレイドライブを取り付けて再生視聴しております。

PCで作成したブルーレイが正常に再生可能なのか実家のテレビで確かめるのはちょっと面倒な状況です。

簡単にブルーレイディスクの再生視聴を行うために、安いブルーレイディスクプレイヤーを購入しました。ついでにPC用のディスプレイもフルハイビジョンの物を購入し、こ二台でフルハイビジョンコンテンツの再生視聴を行うことにしました。

購入したのは、この二台です。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

子機を共用できるテレビドアホンとコードレスFAX

実家で使用しているドアホンの呼び出し音が小さくなってしまい、使い物にならなくなってしまっていました。そのため、家の者から、買い替えるよう言われておりました。

また、FAXは、子機がアナログ式のため、簡単に頭頂されてしまう可能性があり、気になっていました。

それぞれを買い替えるつもりで色々調べていると、どうやら子機を共有できる物があることが分かりました。

家が広い人でドアホンと電話の子機をたくさん設置するのは面倒だという人や、子機を一台で済ませたいズボラな人にはうってつけと思います。

今回購入したのは、Panasonicのものです

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

消せるボールペンの以外な弱点

消せるボールペンというものがあります。私も愛用しております。

しかし、この消せるボールペンには、以外な欠点(弱点、短所)があります。

良く言われているのは、消せるという特徴のため、逆に、サイン(署名)などには使えないということです。改竄できてしまいますからね。

実は、消えるインクの原理上、どうしても避けられない弱点があります。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

まさか…: 人工甘味料で血糖値レベル上昇?

糖尿病患者やダイエット実践者が「まさか」と言いたくなるような研究結果が公表されました。人口甘味料が糖尿病のリスクを高める可能性があるという研究結果です。

「ただより高いものはない」という言葉があるが、最新の研究によると、“カロリーゼロ”食品に使われる人工甘味料にも当てはまるようだ。イスラエルの研究チームは17日、サッカリンなどの人工甘味料は腸内細菌を変化させて血糖値レベルを引き上げる可能性があると発表した。砂糖の代用品である人工甘味料が、避けるべき状況を逆に招いていることになる。

ニュース – 科学&宇宙 – 人工甘味料で血糖値レベル上昇? – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

DeNAだけに?: DeNAが遺伝子検査サービスに参入 東大医科研が協力

携帯ソーシャルゲーム大手のDeNAが、遺伝子検査サービスに参入するそうです。

ソーシャルゲーム大手のDeNAは3日、ヘルスケア分野に参入し、7月下旬から遺伝子検査サービスを始めると発表した。解析を得意とする東京大学医科学研究所との共同研究を通じて行う。

DeNAは4月に新設した100%子会社「DeNAライフサイエンス」を通じて遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」を提供する。利用者の遺伝子を解析し、病気のリスクや体質のリポート、予防や健康のためのアドバイスなどを主にインターネットを使って行う。

遺伝子検査サービスは他社も展開しているが、東大医科研が協力することで、日本人の体質に合った「学術的な基盤に基づくサービス」(同社)を提供できるとしている。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

サイト「低炭水化物ダイエット」をレスポンシブにしてみました。

最近広告の収益がイマイチと思っていたのですが、実は、サイトを訪れる人の半分がスマートフォンを利用しているのです。

今のサイトのデザインはPC専用なので、スマートフォンでは非常に視辛いと思われます。Google Adsenseで、色々サイトの状況の診断が出るようになりましたが、マルチスクリーンの項目は最低点でした

また、Google Adsenseでも、レスポンシブ広告が使用可能になっているので、かなり出遅れましたが、サイト「」をマルチスクリーン対応にしてみました。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

これは拙いです: 小保方さんら撤回に同意 STAP論文、米共著者は反対

生物学の常識を覆すとして話題になっていたSTAP細胞ですが、疑惑があり、論文取り下げと言う事態になっているようです。

「STAP(スタップ)細胞」の論文に多数の疑問が指摘されている問題で、主要著者4人のうち理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーを含む3人が、論文の撤回に同意していることがわかった。複数の理研幹部が朝日新聞の取材に認めた。「生物学の常識を覆す」として世界中を驚かせた研究成果は、白紙に戻る公算が大きくなった。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

若返りも?: 酸の刺激だけで万能細胞作製 新型「STAP」理研が成功

いわゆる万能細胞としてiPS細胞がありますが、作成方法が複雑で癌化の危険もあるものでした。

そんな中、簡単な方法で作成できる万能細胞が作成されたと発表されました。

弱酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞に分化できる万能細胞を作製することに理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)のチームがマウスで成功した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)とは異なる新型の万能細胞で、再生医療の研究に役立つと期待される。29日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

体の細胞を万能細胞に作り替えるには、初期化という作業で受精卵の状態に逆戻りさせる必要がある。iPS細胞は遺伝子を使って初期化するが、今回の方法は酸性の溶液に浸すだけで簡単なのが特徴。開発した小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダーらは、全く新しい万能細胞として「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(STAP=スタップ)細胞」と命名した。

研究チームは生後1週間以内のマウスの脾臓(ひぞう)から、血液細胞の一種であるリンパ球を採取し、水素イオン指数(pH)5・7の希塩酸溶液に約30分浸して刺激。これを培養すると数日で初期化が始まり、STAP細胞に変わった。

作製したSTAP細胞は、神経や筋肉などの細胞に分化する能力があることを確認。実際に別のマウスの受精卵に注入し、仮親に移植して子を生ませると、STAP細胞は全身に広がり、あらゆる細胞に変わることができる万能性を持っていた。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

解決?: 農薬混入、契約社員の男逮捕へ…服にマラチオン

昨年末(2013年)に発生した、マルハニチロの冷凍食品への農薬の混入事件ですが、犯人が逮捕されたようです。

食品大手「マルハニチロホールディングス」の子会社「アクリフーズ」群馬工場(群馬県大泉町)で製造された冷凍食品に農薬マラチオンが混入されていた事件で、群馬県警は25日、同工場契約社員の40歳代後半の男について、偽計業務妨害容疑で逮捕する方針を固めた。

捜査関係者によると、男が工場で着ていた衣服からマラチオンが検出されたという。男は今月14日から行方が分からなくなっていたが、24日に埼玉県内でみつかった。

県警はこれまで、商品に印字されている2時間単位の製造時間帯を手がかりに、マラチオンが検出された冷凍食品9点の製造に関わった従業員数十人を特定。さらに、〈1〉マラチオンは加熱すると分解する性質がある〈2〉検出された商品に異臭が残っていた。このため、県警では、食品を加熱処理する加工工程ではなく、包装の直前で混入された可能性が高いとみて、複数の従業員に絞り込み、男を特定した。(2014年1月25日14時31分 読売新聞)

農薬混入、契約社員の男逮捕へ…服にマラチオン : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]