赤ワイン健康説は妄想: 女性の乳がん、飲酒でリスク拡大=赤ワインも同様-米民間調査

民間の調査だそうですが、乳がんのリスクは飲酒すると高くなるそうです。

女性の乳がん、飲酒でリスク拡大=赤ワインも同様-米民間調査 (時事通信) – goo ニュース

このニュースでは、赤ワインのことが取り上げられています。

スポンサーリンク

調査は約7万人(うち2829人が乳がん発病)を対象に実施。ワインなどを毎日3杯以上飲む女性の乳がん発生率は、ほとんど飲まない女性より30%高かった。同社研究員は「毎日3杯以上の飲酒が乳がん発生率拡大につながるのは、毎日1箱以上の喫煙が肺がん発生率拡大につながるのと似た関係にある」と警告した。

毎日1、2杯飲酒する女性の乳がん発生率も10%高かったため、家族に乳がん患者がいる場合などは飲酒習慣に注意が必要だと助言した。

僅かな飲酒であれば、かえって寿命が延びるという疫学調査もあります。が、乳がんに関しては、そういう訳ではないということですか。この報道を見る限り、なるべくアルコール類はなるべく口にしないほうが良いということでしょう。

飲酒と乳がんリスクの関連性は指摘されてきたが、血圧低下などの効果がある赤ワインは例外との意見もあった。しかし、今回の大規模調査で、赤ワインやビール、ウイスキーの間に違いはなく、アルコール摂取量が発がん率を左右する傾向が分かった。ただ、リスクを高める原因は未解明という。

赤ワインはいわゆるポリフェノール類が多く含まれているとして健康に良いとされ、一時期話題になったりしました。ですが、私に言わせれば、ポリフェノールの健康効果よりもアルコール摂取による健康への影響の方が心配です。それに、ワインには糖質も含まれているので、正直オススメできません。

ポリフェノール類が健康に良いと言われ始めたのはつい10年前くらいからだと思いますが、ポリフェノール類は、赤ワインに限らず緑茶などにも含まれる(勿論種類は違いますが)わけでして、あえて赤ワインを飲む必要があるかというと、そういう訳ではないと思います。勿論ポリフェノール類の効果そのものを否定するつもりはありませんが。

ポリフェノール類については、抗酸化作用であるとか、血液サラササ効果であるとか、動脈硬化など循環器系疾病の予防につながるとか、色々言われていますが、別に赤ワインでなくてもそういう効果があるものはある訳です。

最近は、動脈硬化その他の循環器系疾病の要因として、メタボリックシンドローム(代謝症候群)が言われております。赤ワインを飲むことよりも、減量するほうが効果的なのでは?

また、焼酎というアルコール飲料がありますが、焼酎(特に芋焼酎)にも血液サラサラ効果があると言われています。焼酎には糖質は含まれていませんし、水割り等にすることによりアルコール濃度をコントロールできるので、アルコール飲料としては比較的良い部類に入るのではと考えています。

そんな訳で、「健康効果」を「ワインを飲む口実」にしている人は、止めた方が良いです。勿論、好きで飲んでいる方を無理に止めるような野暮なことはしませんが。程々に。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*