凄い!: 幹細胞1個で大腸修復=難病治療で応用も―東京医科歯科大

幹細胞1個から大腸を修復することが出来たという驚きのニュースがありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120312-00000011-jij-soci

大腸に慢性の炎症ができる潰瘍性大腸炎などの難病を治療するため、大腸の上皮幹細胞を体外で大量に培養し、移植によって正常な上皮細胞を再生することに、東京医科歯科大大学院の渡辺守教授(消化器病態学)らの研究グループがマウス実験で成功したと、12日付の米医学誌ネイチャー・メディシン電子版に発表した。幹細胞が1個あれば、技術的に再生が可能だという。

スポンサーリンク

これまで、体外で培養した幹細胞を使って傷ついた大腸の上皮を再生した例はなく、渡辺教授は「新しい再生医療技術の発展につながる」と話している。

時事ドットコム:幹細胞1個で大腸修復=難病治療で応用も-東京医科歯科大

大腸の表皮細胞ですか…

其の部分が再生できるだけで、大きな進歩なのですね。

幹細胞1個から再生したというのが驚きです。

これって、他の臓器や部位にも適用できるのでしょうか? その部位の幹細胞さえあれば、再生できるのでしょうか? だとしたら凄いですね。

自分の幹細胞なら、ES細胞やiPS細胞のような問題も無いわけです。

これは期待できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*