ミシュランの二つ星に汚点: 二つ星レストランで牛肉の産地不当表示 公取委が調査

ミシュランガイドに掲載されるような格式の高いレストランで、牛肉の産地偽装が発覚したそうです。

二つ星レストランで牛肉の産地不当表示 公取委が調査(朝日新聞) – goo ニュース

スポンサーリンク

レストランの格付け本「ミシュランガイド東京2008」で二つ星を獲得しているヒルトン東京(東京都新宿区)の高級フレンチレストラン「トゥエンティ・ワン」で、メニューなどで岩手県の「前沢牛フィレ」と表示して提供していた牛肉が、実際は山形産だったことが分かった。公正取引委員会は景品表示法違反(優良誤認)の疑いで調査に入り、不当表示にあたると指摘。同店は19日から20日間の営業自粛を決めた。

ヒルトン東京が19日、ホームページで公表した。ホテルによると、公取委から不当表示を指摘されたのは、岩手県産の最高級黒毛和牛「前沢牛」をつかったヒレ(肉)など。公取委の調査は今月9日にあり、その後の内部調査で、遅くとも今年5月には、シェフの指示で前沢牛から山形牛に切り替えられていたことが分かったという。

asahi.com(朝日新聞社):二つ星レストランで牛肉の産地不当表示 公取委が調査 – 社会

牛肉の産地偽装と言えば船場吉兆の例が頭に浮かびます。

同店の具材の仕入れはメニューを決めるシェフの担当だった。切り替えた理由についてシェフは「同じグレードの品質で比べると、山形牛の方が安定して仕入れができた」などと答えているという。

どこかで似たような言い訳を聞いたような気がしてなりません。佐賀牛と但馬牛の品質が変わらないから、安くて手に入れ易い佐賀牛を但馬牛として出してしまえといった感じなのでしょう。

あれだけ大騒ぎになっていたのに、今だにこういった考えで仕事を続けていたとは。

同店は、世界的に有名な格付け本「ミシュランガイド東京2008」の中で、前沢牛ヒレを料理に使っていることや、産地直送の無農薬野菜を使用していることなどが記載されていた。このため、ヒルトン本社は、公取委から調査を受けたことについて、ミシュラン本社にも連絡したという。

ミシュランはどう判断するのでしょうか? まさか、そのまま掲載を続ける訳にはいかないでしょう。

ミシュランガイド、もうすぐ2009年版が出版されるそうです。

ミシュランガイド東京2009 日本語版
ミシュランガイド東京2009 日本語版

  • ASIN: 4904337018
  • [単行本(ソフトカバー)]
  • 価格: ¥ 2,415
  • 日本ミシュランタイヤ株式会社
Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*