見事に裏切られました: 「六甲のおいしい水」に不当表示 ハウス食品に排除命令

国産ミネラルウォーターのブランドとして有名な「六甲のおいしい水」ですが、不当表示が指摘されたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000082-jij-soci

スポンサーリンク

ハウス食品(大阪府東大阪市)が製造・販売する「六甲のおいしい水」のうち、2リットルボトルの商品に不当な表示があったとして、公正取引委員会は17日、景品表示法違反(優良誤認)で排除命令を出した。2リットルボトルの売上高は今年1月までの2年10カ月で367億3600万円にのぼり、公取委によると同法違反を指摘した商品で過去最高額。

公取委によると、同社は83年から神戸市灘区の「六甲採水場」で採取した水を500ミリリットル、1.5リットル、2リットルの容器に詰めて販売してきた。このうち2リットルボトルについては05年1月以降、神戸市西区井吹台東町に新設した「六甲工場」の、深さ約150メートルの井戸を使った生産に切り替えた。

各商品のラベルには「花崗岩(かこうがん)に磨かれたおいしい水」「六甲山系は花崗岩質で、そこに降った雨は(中略)花崗岩内のミネラル分を溶かし込み(中略)良質の水になります」との記載があった。しかし、2リットルボトルを生産する六甲工場は六甲山系の花崗岩質の地層から約7キロ離れた「大阪層群」と呼ばれる堆積(たい・せき)層の上にあり、花崗岩質の地層との間には粘土層や断層があるため、花崗岩のミネラル分を含む水質とは異なるという。花崗岩に由来する地層がある「六甲採水場」の2商品と比べ、2リットルボトルは花崗岩質に多く含まれるカルシウムが約4分の1(100ミリリットル中0.65ミリグラム)しか含まれていなかった。

asahi.com(朝日新聞社):「六甲のおいしい水」に不当表示 ハウス食品に排除命令 – 社会

採水場が変わったのに、それ相応の対応を取っていなかったということでしょうか。記事によれは、取水を切り替えた井戸は、「六甲山系の花崗岩層」のものではないということのようです。実際に水質も異なるとの指摘です。

私は頻繁に「ミネラルウォーター」を使用する訳ではありませんが、断水時の非常用の飲用水として、ペットボトル入りの水を保管しております。「六甲のおいしい水」も置いています。

私の場合、「六甲」の水かどうかというのは、目的上は大した問題ではないのですが、それでも「信じて」購入したので、今回のニュースを聞いてがっかりしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*