スパム&著作権侵害: 「RSE explosion」

某掲示板を覗いていたら、「RSE explosion」という物があることを知りました。「RSE explosion」でググッてみると、その「RSE explosion」で不正にコピーされたと思われるサイトがずらずらと…

トップには、「RSE explosion」を話題にした、てくてく糸巻き:コピペでホームページ作成というブログ記事が出てきます。そして、検索結果の殆どが、「RSE explosion」で「キャッシュ」されたサイトです。

スポンサーリンク

てくてく糸巻き: コピペでホームページ作成によれば、

勝手に「キャッシュ」しまくってる、ロボット型検索済みエンジン RSE explosion は、ググるとinfocartで売ってる怪しいソフトだってことはすぐにわかるので、それはさておいといて、

てくてく糸巻き: コピペでホームページ作成

「怪しい」ですか、まったく其の通り。

問題なのは、如何にも自分のサイトとは関係ないようなことが冒頭に書かれているにもかかわらず、その「キャッシュ」ごと検索エンジンにインデックスされてしまっていることです。これでは、オリジナルサイトのコピーがあると言うことで、オリジナルサイトがSEOスパム扱いされてしまう可能性があります。それに、これは「著作権侵害」です。ここまでキャッシュ部分が大きいと、引用部分とはいえませんからね。

その著作権違反行為は「ツール」のせいにはできません。使っている「人」の責任です。
関係者はバンバン訴えちゃってください。
どこへ言えばいいんだろう…警察かな?
とりあえず警察じゃなかったとして、広告バナーから広告会社に「記事を盗られた」と通報すれば、相手の広告収入、資金源がストップできるのでおすすめです。

てくてく糸巻き: Google or Yahoo?

私もそう思います。こういうツールで、「コンテンツを作ったつもり」になっている輩というのは、やっぱり万引きとかするのでしょうか?

この件に関しては、上記ブログ記事からもリンクがあります、サイトをキャッシュし、アフィリエイト広告を設置するスパムを発見 (京都のSEOコンサルタント松尾茂起のブログにもっと詳しい説明があります。

こういうのが蔓延っていると思うと、コンテンツを真面目に作成している人が可哀想になってきます。私も虚しい気分です。まあ、一番儲かっているのは、このツールを使っている輩ではなく、ツールを作って売っている輩でしょう。もしこのツールを使っている輩が著作権法違反で有罪となるのであれば、ツールを作った輩も「著作権侵害の幇助」の罪に問われることになるでしょう。えっ「そんなことない」って? 前例があるじゃないですか。Winnyの作者である金子勇は、「著作権侵害の幇助」の罪に問われ、一審で有罪判決でしたよ(追記: 無罪が確定しました)。

幸というかなんと言うか、低炭水化物ダイエットは、被害を受けていない模様です。

参考リンク

「Winny」、技術としては面白いのですがね。ああいう目的で作ってしまったから…。

Winnyの技術

Winnyの技術
Winnyの技術

  • 金子 勇
  • ASIN: 4756145485
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 2,520
  • アスキー
Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*