食事の後に眠くなるのは、糖質の過剰摂取による低血糖が原因らしい

私も以前はそうでしたが、食事の後に眠くなる人は結構多いと思います。

かつては、食事の後は血液が胃に集まるので脳の血流が不足して眠くなるという都市伝説のような説明がありました。

実のところ、最近は、炭水化物(糖質)の多い食事を摂ると眠くなると言う指摘があるよです。実際言われてみると、自分もそうなのかと思いました。

確かに、低炭水化物ダイエットを続けていれば、食事後に強烈な眠気に襲われることはありませんね。糖質を多めに摂取すると、食事後に眠くなります。ただ、この眠気は後述の通り入眠のものとは異質なものであり、あまりよろしくない状態です。

スポンサーリンク

具体的には、炭水化物の大量摂取により血糖値が一時的に急上昇するとインスリンが過剰分泌され、その反動で低血糖になるというのです。これが本当であれば、食事の後に眠くなるというのは、低血糖症で昏睡状態になるのと同様の状態であるということになります。

これは怖いですね。

昼食の後、15分位うとうとして、その後すっきりするのであれば、おそらく問題ありません。しかし、強烈な眠気に襲われ、眠りから覚めた後も疲れやイライラ感があるようなら問題です。

交感神経と副交感神経の活動の作用による睡眠と、低血糖による昏睡状態は根本的に違うもののような気がしてなりません。

(睡眠、昏睡については、他のサイトで医学的な説明がなされています。)

食事の後の眠気は糖尿病のサインとも言われています。

防止するには、低炭水化物ダイエット(糖質制限)を行うのが良いと思います。

「低血糖だから糖質を摂取すべきで、糖質制限すべきではない」というのは間違いで、辱事後の一時的な高血糖を抑えることこそが、食事の後の眠気を抑える方法だと思います。

要は、炭水化物(糖質)を摂取しすぎないことと、食物繊維を先に摂取して血糖値の急上昇を抑えるということです。

コンビニ弁当やカップ麺なんかを主食にしている人は直ぐに止めるべきです。コンビニで食事を買うのであれば、おにぎりかパンを1個(本当は禁止にしたいです。また今まで1個だった人は半分や禁止に…)だけとしてカップサラダを組み合わせて買いましょう。サラダも、ポテトサラダやスパゲッティが入っているサラダは禁止またはおにぎりパン抜きにしましょう。ポテトやスパゲッティも炭水化物(糖質)です。

飲み物は勿論糖分の入っていないものです。緑茶やブラックコーヒーです(本当はカフェインも良くないです)。甘くない紅茶も一応OKです。トクホ飲料も、糖質が多いものは駄目です。良いのは、ただの水かノンカフェインのお茶類でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*