これは拙いです: 小保方さんら撤回に同意 STAP論文、米共著者は反対

生物学の常識を覆すとして話題になっていたSTAP細胞ですが、疑惑があり、論文取り下げと言う事態になっているようです。

「STAP(スタップ)細胞」の論文に多数の疑問が指摘されている問題で、主要著者4人のうち理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーを含む3人が、論文の撤回に同意していることがわかった。複数の理研幹部が朝日新聞の取材に認めた。「生物学の常識を覆す」として世界中を驚かせた研究成果は、白紙に戻る公算が大きくなった。

スポンサーリンク

複数の理研幹部によると、撤回の理由は、STAP細胞の存在や万能性の証明が科学的に不十分になってきたと判断したためという。マウスの血液細胞からSTAP細胞ができたとする証拠への疑問や、万能性を示す写真が小保方さんの博士論文から流用された疑いなどが指摘されていた。

小保方さんら撤回に同意 STAP論文、米共著者は反対:朝日新聞デジタル

これは拙いですね。

他の研究者が実験を再現できていないという話もあります。また、画像の使い回しなどの指摘もあります。

この人の博士論文の20ページ分について、他の論文のコピペであるとの指摘も出てきています。

かなり黒に近いグレーですね。

私を含め多くの人が期待していただけに、残念です。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*