セキュリティ対策企業のセキュリティ: 米シマンテック、ソースコード流出 ウイルス対策ソフト

コンピューターウイルス対策ソフト大手のシマンテック(Symantec)から、同社の製品のソースコードが盗まれたそうです。

ウイルス対策ソフト大手の米シマンテック社は18日、ウイルス対策ソフトなどの設計図にあたる「ソースコード」が何者かによってアクセスされ、盗まれていたと発表した。PCを遠隔操作するソフトで、通信を傍受される危険が増した可能性があるという。

盗まれたのは、看板商品のウイルス対策ソフト「ノートンインターネットセキュリティ」、「ノートンアンチウイルスコーポレートエディション」の2006年版と、PCを遠隔操作するための「PCエニウェア」などの一部。

スポンサーリンク

同社によると、PCエニウェア以外は、最新の製品を使っていれば、導入されたPCがサイバー攻撃にさらされる危険は小さいという。PCエニウェアは、PCを乗っ取られるなど、通信障害の危険性が増した可能性があるという。同社は、06年に盗まれたソースコードが最近、公開されたことから、被害状況を調査していた。

ウイルス対策が専門のセキュアブレイン、星沢裕二執行役は「仮に現在も同じ方法でウイルス対策がとられていれば、ハッカーなどに弱点が発見されやすくなる可能性がある」という。

asahi.com(朝日新聞社):米シマンテック、ソースコード流出 ウイルス対策ソフト – 社会

ハッカーではなくクラッカーですよ。

インターネットセキュリティー会社のセキュリティーが低かったと言う、笑えない話です。

私の実家のPCにノートン360をインストールし利用しています。心配です。

とはいえ、他のメーカーのソフトに乗り換えてもまた同じことが起きる可能性はあるので、あまり意味がないような気もします。

ウイルスバスターを販売しているトレンドマイクロも不祥事を起こしています。

あまりそういう話を聞かないのはカスペルスキー位でしょうか。

良くコンビニで見かけるキ○グソフトのインターネットセキュリティは、PCの調子が悪くなるなど評判が悪いです。

どうしてもお金のない人はavastの無料版を使いましょう。私も自宅のボロマシンにはavastをインストールしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*