脂肪細胞の炎症が: メタボ治療に“光” 脂肪炎症Tリンパ球関与、東大など仕組み解明

メタボリックシンドロームが言われ始めてから段々とその全容が解明されつつあるようですが、新たなことが判明したようです。

生活習慣病につながるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)について東京大学大学院医学研究科循環器内科の永井良三教授らの研究グループが、病気の原因になる内臓脂肪の炎症は免疫を担うリンパ球の一種「Tリンパ球」が脂肪組織に集まることがきっかけに起きていることをマウスの実験で明らかにした。動脈硬化、糖尿病などの治療にもつながる成果で、26日付の米医学誌ネーチャー・メディスン電子版に掲載された。

スポンサーリンク

永井教授、真鍋一郎特任准教授、西村智特任助教らは、マウスの生体内の脂肪組織を蛍光色素で染色し、光を当て観察できるようにする方法を開発。マウスに高脂肪の食事を与え、内臓脂肪とその周囲の細胞で炎症が起きる経過を調べた。

この結果、肥満し膨らんだ脂肪組織では、Tリンパ球(CD8陽性Tリンパ球)が増加し、これが別の免疫細胞であるマクロファージなどを呼び寄せ、激しい炎症を引き起こしていた。

「メタボ治療に“光” 脂肪炎症Tリンパ球関与、東大など仕組み解明」:イザ!

内臓脂肪の炎症の話は、あまり報道されていないように思うのですが…。マスコミやメタボ業界にとっては、「内臓脂肪肥満→メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」とした方が、消費者に訴えかけやすいからでしょうか。今回の報道を見て、そういう単純な構図にしてしまってはいけないような気がします。

でも、兎に角、CD8陽性Tリンパ球なるものが関与していることがわかったのですから、これは大きな前進ではないでしょうか?

勿論、内臓脂肪を減らして炎症を起き難くするのがベターだとは思いますが、無理に内臓脂肪を減らさずにメタボリックシンドローム(代謝症候群)の症状を改善できる可能性が出てきたわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*