エアコンフィルター(外付)を交換しました

以前、エアコンの掃除をした際にエアコンカバーに付けるタイプのエアコンフィルターを貼り付けました。

こういうものは、なるべく高い頻度で交換すべきなのですが、放っておくと以下の写真のようになります。

汚れたエアコンフィルター(外付)

これは極端な例ですが、色が変わり始める前に交換すべきです。でないと、エアコンの吸気ロスが大きくなって、電気代が嵩んだり、エアコンが効きにくくなったり、エアコンに負荷が掛かりすぎて故障の原因となったりします。

この汚いフィルターの内側は、

汚いエアコンフィルターの内側

以外と綺麗です。フィルターがちゃんと空気中の異物を取り除いてくれていたのですね。

エアコンフィルターを取り除いてみました。

汚れたエアコンフィルターを取り除いたところ

多少汚れがありますが、フィルターの汚さに比べれば圧倒的に綺麗です。これもフィルターの効果です。

フィルターを取り除いてから、エアコンの表面を掃除機で掃除しました。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

日立 エアコン内部洗浄剤 SP-SSP2でエアコンを掃除してみました

家に2001年製の日立のルームエアコンがあるのですが、カビ臭いです。8年も経っているからでしょうか。

とはいえ、以前別のエアコンを掃除したら、かび臭いのが消えたので、これはと思い、掃除することにしました。

日立製作所製のエアコンなので、今回はメーカー純正品の日立 エアコン内部洗浄剤 SP-SSP2
を使用しました。製薬会社からもエアコン洗浄スプレーは販売されていますが、この作業はリスクを伴うので、メーカー純正品の方が安心です。よく「エアコン 洗浄 故障」といったキーワードで当ブログ記事が検索されることがあるのです。

値段は、製薬メーカーが出しているものに比べても安くないのですが、メーカー純正品ということで「安心代」だと思えばよいでしょう。そのような訳で、日立製作所製エアコン使用の方には、この製品を強くお勧めします。

詳しい入手方法については、記事の最後に記載しています。

商品の内容は以下のようなものです(販売サイトではスプレー缶しか掲載されていませんが、実際は以下のような内容です)。

2018年8月5日追記: 写真は記事初掲載時のものです。

日立 エアコン内部洗浄剤 SP-SSP2

スプレー缶、ノズル、説明書がありますが、特筆すべき点は、各形式に対応した紙製の「液垂れ防止カバー」が用意されていることです。

ですが、この液垂れ防止カバーは、最近の機種にしか対応していない模様(実は使えるかも知れませんが…)。そのまま作業に移ることにします。

今回掃除するエアコンです。

日立 エアコン 

先ず最初にカバーを…

ちょっと待った!

何よりも最初に、電源プラグ(コンセント)を抜くのが先です。感電する危険性があるので、必ずコンセントを抜いてください。配電盤から直接配線されている場合は、配電盤のブレーカーをOFFにしてください。

コンセント

これで、カバーを開きます。

日立エアコン カバーを開いた様子

カバーを開いた様子です。特別なことはありません。

日立 エアコン フィルターを外した様子

フィルターを外します。フィルターは別途掃除しておきましょう。

日立エアコン 拡大(ゴミが溜まっています)

良く見ると、結構埃が溜まっていますね。

掃除機で掃除しましょう。

SP-SSP2の説明書にある通り、電気機器部分の穴をテープで塞ぎます。

日立エアコン 通気口
通気口をガムテープで塞ぐ

これで、準備は完了です。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

エアコンの掃除を行ってみました(洗浄スプレー使用)。

九州や西日本が梅雨明けしたようです。

九州北部、四国、中国地方が遅い梅雨明け(朝日新聞) – goo ニュース

梅雨明けは遅れ気味ですが、今年は猛暑との長期予報が出ており、梅雨明け後は暑くなるとの予報は変わっていません。もうすぐ暑い夏がやってきます。エアコンはフル稼働しそうです。

実は、このところ気になっていたことがあります。エアコンが汚いのです。フィルターはすぐに掃除できるので良いのですが、熱交換機のフィンはおそらく汚いと思われます。ちょっとカビ臭いのです。ですので、エアコンのフィンの洗浄を行ってみました。

注: 日立製のエアコンを御使用の方は、「日立 エアコン内部洗浄剤 SP-SSP2でエアコンを掃除してみました」をご覧ください。

先ず、エアコンのカバーを外します。機種によって方法は異なるので、詳しいことは割愛します。

外カバーを外すと、こんな具合です。実はカバーの内側も結構汚れていたのですが、撮影するのを忘れてしまいました。

P1000596.jpg

撮影の都合のため、コンセントにプラグを挿したままですが、この手の作業を行う前には、必ずコンセントを外してください(接続方法によってはコンセントではない場合もあります。ブレーカーを落とすなど対策を講じて下さい)。

エアコンのコンセントを外す

掃除前のエアコン 正面

掃除前のエアコン熱交換機フィンです。遠目には汚れは分からないかもしれません。

エアコン洗浄前のフィン拡大

拡大してみると、多少汚れがあるのが分かります。実物はかなり酷かったのですが、写真でみると大したこと無さそうに見えるのが残念です。

エアコン洗浄スプレーを使用する前に、不用意に洗浄スプレーを吹きかけてしまわないように、養生します。電気系統部分にビニール袋をセロテープで留めただけなのですが…。機種によっては、全体的に養生が必要な場合もあります。私は手抜きして、電気系統だけ養生しました。あとは大丈夫そうだったので…。

エアコン電気系統養生

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]