もっと急いで!!: <iPS>臨床研究の審議スタート

iPS細胞を使った臨床研究の審議が始まったそうです。審議の対象となっているのは、一番乗りで申請された網膜に関する臨床研究だそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130327-00000126-mai-sctch

理化学研究所などが計画する人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った網膜再生の臨床研究について、厚生労働省の審査委員会(委員長・永井良三自治医大学長)が27日、審議を始めた。非公開で行われ、厚労省によると、iPS細胞で作った組織の移植で、がんが生じる可能性など主に安全性を話し合った。次回は5月下旬の予定で、結論が出るまでには数カ月程度かかるとみられる。

臨床研究は、理研の高橋政代プロジェクトリーダーらが計画し、2月28日に厚労省に申請した。網膜の中心部にある「黄斑」の損傷によって物がゆがんで見えたりする「加齢黄斑変性」の6人に行う。患者自身の皮膚に遺伝子を導入して作ったiPS細胞をシート状の網膜組織にして、手術で傷んだ組織と置き換える。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

難病に: iPSから角膜表面の細胞作製…阪大チーム

大阪大学の研究チームが、iPS細胞から角膜表面の組織の細胞を作り出すことに成功したそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130324-00000249-yom-sci

大阪大の研究チームが、様々な細胞に変化する能力を持つiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、目の角膜表面の細胞を作製した。

将来は、角膜表面がにごって視力低下などが起きる原因不明の難病「スティーブンス・ジョンソン症候群」などの治療につながる可能性があるという。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

再生医療実現へ期待(iPS細胞): 大人の皮膚から万能細胞=再生医療実現の最有力手段へ-京大教授ら

通常の体細胞から所謂「万能細胞」を作り出すことに成功したというセンセーショナルなニュースが流れました。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]