買うなら本物を: ネット販売の放射線測定器、結果ばらつき 生活センター

3月11日の震災で発生した福島第一原発の事故の影響で、各地で放射性物質が検出されています。

個人の方も放射性物質による汚染が心配になり、個人で放射線検出器を購入なさる方も多いと聞きます。

しかし、個人がよく購入するような安い放射線検出器は測定値に信用が置けないことが分っています。

「高精度」をうたいインターネットで販売されている比較的安価な放射線測定器は、測定結果にばらつきが大きい――。国民生活センターは8日、空間の放射線量を測る測定器について、商品テスト結果を公表した。センターは「機器の値をただちに信用するのは避け、国や自治体が公表するデータなどを参考にして判断してほしい」と呼びかけている。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]