食事の後に眠くなるのは、糖質の過剰摂取による低血糖が原因らしい

私も以前はそうでしたが、食事の後に眠くなる人は結構多いと思います。

かつては、食事の後は血液が胃に集まるので脳の血流が不足して眠くなるという都市伝説のような説明がありました。

実のところ、最近は、炭水化物(糖質)の多い食事を摂ると眠くなると言う指摘があるよです。実際言われてみると、自分もそうなのかと思いました。

確かに、低炭水化物ダイエットを続けていれば、食事後に強烈な眠気に襲われることはありませんね。糖質を多めに摂取すると、食事後に眠くなります。ただ、この眠気は後述の通り入眠のものとは異質なものであり、あまりよろしくない状態です。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

時代遅れでは?: 炭水化物のみ極端に制限、現時点で薦めず-糖尿病食事療法で学会が提言

低炭水化物ダイエット実践者であり、「低炭水化物ダイエット」というサイトを運営している私にとって、無視できないニュースがありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130318-00000004-cbn-soci

日本糖尿病学会は18日、糖尿病の食事療法に関する提言を発表した。この中で、同学会は糖尿病治療における体重の適正化のための食事療法について「総エネルギー摂取量の制限を最優先する」とし、これを制限しないまま炭水化物のみを極端に制限した食事療法は「現時点では薦められない」とした。

糖尿病の食事療法における炭水化物の摂取制限をめぐっては、その有効性について賛否が分かれているが、同学会は長期的な食事療法としての安全性などの面で「これを担保するエビデンスが不足している」とした。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]