難病に: iPSから角膜表面の細胞作製…阪大チーム

大阪大学の研究チームが、iPS細胞から角膜表面の組織の細胞を作り出すことに成功したそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130324-00000249-yom-sci

大阪大の研究チームが、様々な細胞に変化する能力を持つiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、目の角膜表面の細胞を作製した。

将来は、角膜表面がにごって視力低下などが起きる原因不明の難病「スティーブンス・ジョンソン症候群」などの治療につながる可能性があるという。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]