本来の役目: 関東のテレビ電波完全移行、タワーからツリーへ

遅れに遅れていた在京テレビ局の電場の送信元の切り替えがようやく実施されました。

東京タワーから東京スカイツリーへと切り替えられました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130531-00000583-yom-ent

NHKと在京民放キー局5社の関東地方のテレビ電波の送信元が31日午前9時、東京タワーから東京スカイツリーへ切り替わった。

東京タワーは今後、エフエム東京や放送大学の電波を送信するほか、スカイツリーのバックアップの役割を担うことになる。

午前8時59分頃、各局の番組内で完全移行することを伝えるテロップを出し、9時の切り替え後、これまでの受信確認テストなどへの視聴者の協力に謝意を表した。切り替え後、午前10時までに東京スカイツリー受信相談コールセンターへ寄せられた問い合わせのうち、787件が対策が必要なものだった。

関東のテレビ電波完全移行、タワーからツリーへ : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

東京スカイツリーは展望台ではありません。電波塔です。天望デッキなどはオマケです。

スカイツリー開業後、各テレビ局は試験電波を送信するなど試験を重ねてきました。

関東圏在住の方ならかなりの人が見たことがあると思いますが、一時的にスカイツリーからの送信に切り替える試験を何度も繰り返してきました。試験的にスカイツリーからの送信に切り替わった時、テレビの放送内容にその旨の表示が出ていたのを覚えています。新聞のテレビ欄にも、スカイツリーからの送信の時間帯だけ色が塗ってあったりしました。

いきなり切り替えて、受信障害などが発生したら大変ですからね。

とはいえ、この試験送信で色々予想外の不具合があったようで、本来の予定であった一月からの本送信がここまでずれ込んだ訳です。

かなり対策工事が行われたようです。

つい最近、テレビの地上波がデジタル方式に完全移行しましたが、東京スカイツリーからの送信というのも、地デジと関連があります。

切り替えは実施されましたが、やはり受信障害が起きているようです。

NHKと在京民放キー局5社の関東地方のテレビ電波の送信元が31日午前9時に東京タワーから東京スカイツリーへ切り替わった後、受信障害などにより東京スカイツリー受信相談コールセンターへ寄せられた問い合わせは、同日午後10時までに1万7792件に上った。

うち7664件は対策が必要とされる。

コールセンター(0570・01・5150)は切り替え後も当面、受信障害などの相談を受け付ける。対策に要する工事費等は放送事業者側が負担する。
(2013年5月31日23時23分 読売新聞)

スカイツリー送信移行、7664件が対策必要 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

結構な数ですね。まあ、7664件の工事というのは、これまで地デジやスカイツリーへの移行に投じられた金額からすれば大したことは無い金額です。もっと増えるかも知れませんが…

とはいえ、「テレビは映ればいい」と思っている人にとっては迷惑な話です。地デジも、視聴者本位の事業ではなく、電波帯域の再編などが絡んだ事業です。勿論、長い目で見れば多くの人が間接的に利益を享受できることは承知しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*