時代遅れでは?: 炭水化物のみ極端に制限、現時点で薦めず-糖尿病食事療法で学会が提言

低炭水化物ダイエット実践者であり、「低炭水化物ダイエット」というサイトを運営している私にとって、無視できないニュースがありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130318-00000004-cbn-soci

日本糖尿病学会は18日、糖尿病の食事療法に関する提言を発表した。この中で、同学会は糖尿病治療における体重の適正化のための食事療法について「総エネルギー摂取量の制限を最優先する」とし、これを制限しないまま炭水化物のみを極端に制限した食事療法は「現時点では薦められない」とした。

糖尿病の食事療法における炭水化物の摂取制限をめぐっては、その有効性について賛否が分かれているが、同学会は長期的な食事療法としての安全性などの面で「これを担保するエビデンスが不足している」とした。

スポンサーリンク

同学会によると、英国糖尿病学会の2011年のガイドラインでは、炭水化物制限を支持する報告があることを認める一方で、長期的な効果や安全性のエビデンスがないことを注意喚起している。また、米国糖尿病学会の今年のstatementでは、2年間までの短期間では肥満者の減量に有効であるかもしれないとする一方で、最適の栄養素摂取比率は病態によって異なるとし、この比率にかかわらず「総エネルギー摂取量の適正化を優先すべき」としているという。

このほか、提言では炭水化物の摂取量についても、欧米の研究の対象者と日本人とでは肥満度が異なることから、「いまだ十分なエビデンスが揃っているとは言えない」とした上で、同学会が積極的に調査・研究の対象とすべき課題に位置付けている。【津川一馬】

炭水化物のみ極端に制限、現時点で薦めず – 医療介護CBニュース – キャリアブレイン

確かに極端な炭水化物制限はリスクがあり、安全性の面でのエビデンス(証拠)が不足しているかも知れません。

しかし、古代人はほぼ肉食だったという説もありますし、イヌイットのように植物の無い地域で狩猟生活している民族も居るのです。

それに、現代人は炭水化物の摂取過剰というのはほぼ間違いないと思います。

さらに言えば、炭水化物制限が言われ始めたのはつい最近のことではなく、前世紀から言われていることです。

今更こんなことを言われても、時代遅れのような発言に聞こえます。

何しろ、糖尿病寸前だと言われた私自身が低炭水化物ダイエットを実践して効果を上げたのですから。

極端な炭水化物制限を長期間行わないのであれば、問題無いと思います。自分の体質に合った炭水化物摂取量を見つけるのが、低炭水化物ダイエットの最終段階なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*