禿は早死に?: 薄毛の進行で心臓病の傾向 てっぺん近くは高リスク

頭頂の毛髪が薄い人は心臓疾患になりやすいという研究結果が発表されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130406-00000007-asahi-sci

【川原千夏子】頭のはげた男性はふさふさ髪の男性に比べ、心筋梗塞(こうそく)や狭心症など重い心臓病のリスクが高い傾向があることが、東京大の原一雄特任准教授(糖尿病学)らのチームの研究でわかった。将来、自覚症状がない段階でも生活習慣を変え、予防につなげるきっかけにできるかもしれない。

スポンサーリンク

3日付英医学誌BMJオープンに発表された論文によると、チームは過去の医学論文6本を調査。欧米の30~80代男性約3万7千人を11年以上経過観察したデータから、はげの進み具合とこれらの心臓病の発生率との関係を調べた。

その結果、頭のてっぺんがはげている男性は、髪のある男性に比べてこれらの心臓病のリスクが32%高く、特に60歳以下ではリスク上昇は44%に達した。

朝日新聞デジタル:薄毛の進行で心臓病の傾向 てっぺん近くは高リスク – テック&サイエンス

禿になると心臓疾患になりやすくなる訳ではなく、禿になるような生活習慣は心臓にも良くないということです。

薄毛対策をすれば心臓疾患のリスクが減るという訳ではありません。

ですが、記事の通り、禿になってしまったら心臓疾患のリスクが高まるので、禿になり難いような生活習慣を取り入れるということはできるでしょう。

薄毛治療に「生活習慣」を挙げている専門会社もあります。そういう会社で診てもらえば、心臓病のリスクも下がるかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*