程々に: ビタミンE過剰摂取で骨減少=ネズミで確認、人の調査必要―慶大など

ビタミンEは抗酸化作用があり老化防止によいとされ人気のビタミン類ですが、過剰摂取は骨粗鬆症になる可能性があるそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120305-00000008-jij-soci

マウスやラットにビタミンEを過剰に摂取させる実験を行ったところ、骨が減ってもろくなる骨粗しょう症になったと、慶応大や東京医科歯科大、大阪医科大などの研究チームが4日付の米医学誌ネイチャー・メディシン電子版に発表した。

ビタミンEは植物油やマーガリン、アーモンドなどに多く含まれるが、通常の食生活で過剰摂取になることはない。しかし、細胞レベルの抗酸化作用が知られ、美容や老化防止に役立つとしてサプリメントの人気が高い。サプリメントを多くのんでいる人の集団で、骨量に影響がないか調べる必要があるという。

スポンサーリンク

厚生労働省の食事摂取基準では、ビタミンEの大人の目安は1日7ミリグラム程度で、上限は同800ミリグラム。米国では上限が同1000ミリグラム。

慶応大医学部の竹田秀特任准教授らは、大人の摂取上限量をマウスやラットの体重に合わせて換算し、毎日餌に混ぜて2カ月間与えた。骨は破壊と形成を繰り返して維持されるが、2カ月後には骨を壊す破骨細胞が大きくなって骨量が減り、骨粗しょう症になった。

時事ドットコム:ビタミンE過剰摂取で骨減少=ネズミで確認、人の調査必要-慶大など

マウスの実験では摂取上限量で骨粗鬆症になったということですか?

まあ、まだマウス実験の段階なので、何とも言えませんが。

とはいえ、この記事をみて、過剰反応する人も出てくるのではないかと心配です。あのトマトの記事でもトマトジュースが店から消える現象が現れた位ですから。

ビタミンEは抗酸化物質として有用なので、程々に摂取していれば問題ないと思います。心配なら、カルシウムビタミンDビタミンKを摂取すれば良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*