ややこしい: オンラインゲーム改変で初摘発=著作権法違反容疑で利用者も―神奈川県警

オンラインゲームを改変して遊んでいた輩が著作権法違反などの容疑で逮捕されたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120906-00000086-jij-soci

人気オンラインゲームをまねたエミュレーター(模倣)サーバーを作り、接続した利用者に正規のゲームと異なる展開に改変させたとして、神奈川県警生活安全総務課などは6日、著作権法違反ほう助などの容疑で、大阪府八尾市の無職の男(23)を書類送検した。ゲームを利用した東京都内の41歳と30歳の会社員の男も同法違反容疑で書類送検した。

スポンサーリンク

同課によると、オンラインゲームの模倣サーバーに関し、著作権法違反容疑で摘発するのは全国初という。

送検容疑では、無職の男は人気オンラインゲーム「タワーオブアイオン」の模倣サーバーを構築し、接続用の改変ソフトをインターネットで無料で配布。会社員らは昨年6月ごろ、模倣サーバーに接続して進行が正規のものよりも早いゲームで遊び、著作物を改変した疑い。

時事ドットコム:オンラインゲーム改変で初摘発=著作権法違反容疑で利用者も-神奈川県警

オンラインゲームの模倣サーバーを構築した人が著作権法違反幇助で、遊んだ人が著作権法違反ですか。

なんだかややこしいですね。遊んだ人はゲームを改変した訳ではありません。

しかし、改変するしないに係らず、ゲームで遊んだ人は著作権法違反になると思います。この記事は変ですね。

まあ、Winnyを例にとれば分かりやすいかも知れません。Winnyの作者は著作権法違反幇助罪に問われました。無罪が確定しましたが。そして実際に著作権法違反をやらかすのはWinnyの使用者ということです。

でも、今回の場合、改変したソフトを配布した時点で著作権法違反に相当するような気がするのですが、気のせいでしょうか? 無料だったら罪に問えないのでしょうか? 海賊版のソフトを無料で配ったら罪に問えないということなのでしょうか?

まあ、無料で配布されて損害を被った会社は民事訴訟で損害賠償請求できると思いますが。

法律に詳しくないので、分かりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*