新居を特定: <不正アクセス>元交際相手のパスワード保管、女を書類送検

元交際相手のパスワードを用いて新居を特定し、侵入した女が書類送検されたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120914-00000034-mai-soci

元交際相手が所有するインターネットサイトのIDとパスワードを不正に入手し、保管したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は14日、東京都目黒区の無職の女(42)を不正アクセス禁止法違反(不正保管)容疑で書類送検した。今年5月に他人のパスワードなどを保管することが違法となってから、今回が全国初の摘発。

書類送検の容疑は5〜6月、以前交際していた40代の会社員男性が所有する衣料品店の通販サイトのIDとパスワードが書かれた手帳を盗み、自宅に保管したとしている。調べに「相手の行動を把握したかった」と容疑を認めている。

サイバー課によると、男性は昨年12月に女と別れて転居し、別の女性と結婚していた。女は手帳に記録されていた男性のフリーメールのIDとパスワードを使って不正アクセスし、新居のマンションを把握。マンションの敷地内に入り、住居侵入容疑で逮捕されていた。【黒田阿紗子】

不正アクセスして、住居侵入ですか。

ストーカーでしょうか?

それもそうですが、被害者(?)の男性は、不用意にもパスワードとIDを手帳に記録していたのですか。これは拙いですね。

パスワードをメモしておくと、盗まれ、ストーカー被害に遇うのですね。

ちなみに、私はパスワードを暗記しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*