とんでもない副業?: 大学講師が「リポート代行業」…“回数券”も

以前、小学生の夏休みの宿題の代行や大学の卒業論文の代行が問題になっていましたが、リポート代行業を行っている大学講師がいることが分かりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100515-00000217-yom-soci

桃山学院大学(大阪府和泉市)の英語講師の男性(44)が、自身のホームページ(HP)で、学校で出された課題の英語のリポート作成や和訳などを有料で請け負う呼びかけを行っていたことがわかった。

講師は、読売新聞の取材に対し、「講師になってからは依頼を受けていないが、不注意だった」と釈明している。同大学は「非常に遺憾な行為」として調査する方針。

スポンサーリンク

HPによると、「宿題をする時間のない方、リポート提出に追われている方、下記料金で代行します」などと記載。リポートや作文の添削などは1件1500円で、2人以上で利用する場合や1年間に10回以上利用する場合は割引料金を設定していた。

講師によると、企業で翻訳などの仕事をしていた約3年前から始め、これまでに大学生や専門学校生らから十数件の依頼を受けたという。今年4月から同大学で働き始め、知人から「教壇に立つのであれば、HPを改めたほうがよい」と指摘されたが、忙しくてそのまま放置していたという。同大学は、今後の対応や処分を検討する。

何のためのリポートなのでしょうか? 本人がやらなければ意味がないのでは?

それに、講師になってからはやっていないといっていたのですが、その前は企業に勤めていたのですよね。こういうのは「副業」に当たると思います。一般企業でも副業は原則禁止の場合が多いのではないでしょうか。禁止でなくても届けを出さなければならない等あると思います。その副業でこんなことをしているとは…

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*