目覚まし時計や居眠り防止にも?: わさびで覚醒に成功=5年連続で日本人―イグ・ノーベル賞

わさびを使った覚醒実験で、日本人がイグ・ノーベル賞を受賞したそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110930-00000043-jij-int

【ニューヨーク時事】ユーモアがあって考えさせられる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が29日、米マサチューセッツ州のハーバード大学で行われ、「わさびのにおい」を使って睡眠中の聴覚障害者らの覚醒に成功した滋賀医科大学の今井眞講師ら研究者7人が「化学賞」を受賞した。日本人の受賞は5年連続。

スポンサーリンク

今井講師らは、わさびのにおいには睡眠からの覚醒作用があり、特に聴覚障害者に有効であることを臨床実験で実証。火災時に睡眠中の聴覚障害者や耳の遠い高齢者らが逃げ遅れる問題を解決するため、警報音の代わりに「わさびのにおい」を使って知らせる火災報知器の開発に道を開いた。

時事ドットコム:わさびで覚醒に成功=5年連続で日本人-イグ・ノーベル賞

五年連続というのも話題になると思いますが、私が注目したのはわさびです。

確かにわさびの匂いは目が覚めそうです。

そこに目をつけ、火災報知器に応用しようとしたのが凄いと思います。

でも、覚醒作用があるのであれば、他の応用も考えられますね。

例えば、なかなか起きられない朝が辛い人のための目覚まし時計というのはどうでしょうか?

また、自動車等の運転時の居眠りを検知して、わさびの匂いを運転者に吹きかけける装置なども考えられるのではないでしょうか? 電車やバスでの居眠りは大事故につながります。是非実用化を検討していただきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*