無許諾コンテンツのストリーミング視聴は違法にはならないらしい: 法改正後はYouTube見るだけで違法」は誤解文化庁が見解示す

無許諾でネット上に公開されているコンテンツをダウンロードする行為を違法とするような著作権法の改正案が議論されているようですが、どうやらストリーミング再生であれば違法にはならないらしいです。

スポンサーリンク

この脚注を加えた理由について文化庁著作権課の川瀬真氏は、一部の新聞や雑誌で「YouTube」などの動画共有サイトを視聴することも第30条の適用から除外されるという記事があったためと説明。この点については「誤解である」と述べ、視聴のみを目的とするストリーミング配信は一般にダウンロードを伴わないため、動画共有サイトを視聴するだけでは違法行為にはならないとする見解を示した。

この話は結構重要だと思います。要は「録音録画」するかしないか、と言う問題ということらしいというのが理解できます。

さらに、こんなことも言っています。

この質問に対して川瀬氏は、「それが複製にあたるかどうかの知識はない」と前置きした上で、2006年1月に提出された文化審議会著作権分科会報告書の内容を紹介。それによれば、文化審議会著作権分科会に設けられた「法制小委員会」において、仮に現行の著作権法でキャッシュが「複製」と解釈されても、権利制限を加えるべきではないとする見解が示され、法改正事項として挙げられていると答えた。

「法改正後はYouTube見るだけで違法」は誤解、文化庁が見解示す

キャッシュファイル(一時ファイル)は、「録音録画」にあたらないという見解ですね。しかし、その在り処を知っていて、しかもキャッシュファイルが直ぐには削除されず、しかも通常の状態で視聴可能なファイルである場合に、削除せずに保存(例えば、ファイル名を変えて別フォルダーに移動)したとしたら、「録音録画」に当たるのではとも思うのですが。

また、改正法では違法コンテンツのダウンロードについて罰則自体は設けない方向で調整が進んでいるようですが、悪質なユーザーに対しては民事訴状を起こす可能性もあると、日本レコード協会は言ったそうです。

意図が読み取れない

どうしてこういう法改正をするのか、イマイチ意図が読めなくなってきました。なにを保護したいのでしょうか? どういう行為を防ぎたいのでしょうか? 「保存しなければ問題ない」とわかれば、みんな「ストリーミング」するに決まっています。それで著作権者の権利が保護されるのでしょうか? 確かに効果はあるのかも知れません。が非常に限定的です。無意味とは思いませんが、殆ど効果はないのではないでしょうか? CDやDVDの売上は回復しません。

違法着メロサイトの取り締まりという話がありますが、はたして巧くいくのでしょうか? 確かにこれを取り締まれば、着メロ着うたの売上は上がるかも知れませんが、法改正までして守るべき程の利益があるのでしょうか?

今回の法改正を進めている人たちは、ダウンロードされたコンテンツが二次的に広がるのを防ごうとしているのかも知れません。が、最近の人は、コンテンツを視聴できれば良いと考えている人も多く、ファイルを半永久的に保存すると言うよりは、必要なくなったら消去するというスタンスをとっている人も多いのではないでしょうか? 仮に「録音録画」したものを他人に渡すことが出来なくなっても、単に他人にストリーミングで公開されているURLをメールで教えれば済むことです。そういった形で法の網を潜り抜ける人が増えてくるのではないでしょうか?

ストリーミングはネットワークの負荷が大きいです。が、ネットワークの技術は進歩しており、そのうちそういった問題も大したことではなくなるでしょう。

それとも、「見せしめ」?

参考リンク

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*