遺伝ではなく!?: 白髪の原因はストレス…東京医科歯科大教授ら突き止める

私の父も弟も若白髪で、私も白髪が多いので、てっきり白髪は遺伝的要素が強いものだとおもっていたのですが、どうやら違うようです。

髪の毛が白くなるのは、黒髪のもとになる色素幹細胞がストレスで枯渇するのが原因であることを、東京医科歯科大の西村栄美教授らが突き止めた。

色素幹細胞の働きを維持することで、白髪の予防も可能になると期待される。科学誌セルの最新号に発表された。

スポンサーリンク

色素幹細胞は毛根部にあり、自己複製を繰り返しながら色素になる細胞を供給している。西村教授らがマウスに放射線を当て、遺伝子を損傷するようなストレスを与えたところ、幹細胞は自己複製機能を失い、すべて色素の細胞に分化した。色素の細胞のもとになる幹細胞がなくなるため、白髪化が進むことが分かった。

白髪の原因はストレス…東京医科歯科大教授ら突き止める : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ストレスで色素肝細胞とやらがなくなるのですか…

ストレスといっても、我々一般人が普通に使うストレスとは意味が違います(広義では同じですが)。我々が良く使うのは「精神的ストレス」といった意味でしょう。ここでは放射線によって色素肝細胞にストレスを与えています。精神的ストレスではありませんね。なんと言えば良いのか判りませんが、生化学的なストレスなのでしょうか?

勿論、精神的ストレスが間接的に毛根にストレスとなっていることは、否定しません。

こういったストレスを毛根の色素肝細胞に与えないようにすれば、白髪にならなくなる訳ですね。

と、いうことは、最近テレビでもみかける「発毛」と良く似たことをすれば白髪にもなり難くなるかも知れません。ああいった「発毛」は、毛根に何らかの作用を及ぼして、「生える毛根」にしている訳です。もうちょっと別のやり方で、「黒い毛根」を維持できるようにできるかも知れませんね。

「発毛実感コース」というのがありますが、そのうち「黒髪実感コース」等が出てくるかも知れませんね。

西村教授は「白髪の原因になるような幹細胞の分化は、他の老化現象でも起きている可能性がある。若さを保つ研究の手掛かりになる」と話している。

以外と重要な発見かも知れません。

追記: ニュース – 科学&宇宙 – 白髪は細胞ストレスが原因?(記事全文) – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイトに詳しいことが記載されています。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*