ついに? やっと?: YouTube が JASRAC と音楽著作権の包括利用許諾契約を締結

JASRACとYouTubeが音楽著作権の包括利用許諾契約を締結したそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081023-00000031-inet-inet

動画共有サイト「YouTube」は2008年10月23日、音楽著作権管理事業者である社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)との間で、JASRAC が管理する楽曲の YouTube における利用に関する包括的な利用許諾契約を締結した、と発表した。

YouTube はすでに、株式会社ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)、株式会社イー・ライセンス(e-License)とも包括利用許諾契約を締結しており、日本で最大の楽曲数を管理する JASRAC による許諾が加わることにより、ライセンス取得済みの音楽著作物(曲および歌詞)の範囲が国内最大級のオンラインサービスとなる。(同社調べ)

スポンサーリンク

この契約による許諾は、レコード会社が制作するミュージックビデオ等の公式コンテンツにおける楽曲の利用、ユーザーが作成するオリジナルビデオにおける楽曲の利用を含む、YouTube のサービス一般における管理楽曲の利用を対象としている。

YouTube が JASRAC と音楽著作権の包括利用許諾契約を締結 – japan.internet.com Webビジネス

かなり前にJRCとの許諾締結の報道があってから、相当月日が経ってしまったので、すっかり忘れていました。

これでかなりの実演ビデオが合法となるのではないでしょうか。

まあ、こういったJASRACの動きを嫌う人々も居ることは居るようですが、全体的には好ましいことだと思います。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*