これは本物(ゼオライト): 海水汚染には猫トイレの砂…セシウム吸着: 福島第一原子力発電所事故(東日本大震災)

東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故で、大量の汚染水が海洋に流れ出していることが問題になっていますが、ゼオライト(沸石)を使ってセシウムを吸着しようとする試みが始まったようです。

東京電力福島第一原子力発電所では15日、水素爆発を防ぐための1号機の窒素注入や、汚染水対策など、安定化に向けた作業が引き続き行われた。

1号機では、毎時28立方メートルずつ格納容器に窒素が注入され、同日朝までに注入量が約5200立方メートルに達した。東電が目標とする6000立方メートルに近づいたが、容器内の圧力はここ数日横ばいで、同容器から窒素や水蒸気が漏れている可能性がある。

スポンサーリンク

東電は、海水の汚染対策として、セシウムを吸着する性質がある鉱物「ゼオライト」を詰めた土のう(1個約100キロ・グラム)を10個準備し、2号機、3号機の取水口付近にそれぞれ投入すると発表した。ゼオライトは吸着力が高く、猫用トイレの砂などに使われる。水中カーテン(シルトフェンス)、鉄板設置に続く海洋汚染対策となる。

海水汚染には猫トイレの砂…セシウム吸着 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

プレミアムゼオライトというものを「放射性物質を体外に出す」として販売していた者が逮捕されたのは記憶に新しいですが、今回のゼオライトは本物でしょう。

だからといって、ゼオライトを食べては駄目ですよ。

ですが、実際にセシウム吸着にゼオライトが用いられていることを考えると、ゼオライト浄水器マスクは効果あるのでしょうか?

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*